揖保乃糸は「最も白い」素麺


江戸時代以降、素麺の「そう」に「素」の字が当てられた由来は、素麺の白さからだと考えられています。つまり素麺は白さの象徴。さらに揖保乃糸は素麺の中でもさらに洗練された白さを持つ「素麺の中の素麺」と言えます。

洗練された麺と相性抜群のつゆ


洗練された素麺を最高の状態でお召し上がりいただくために山海庵では独自のつゆを開発しました。洗練された熟成素麺と、その素麺の魅力を最大限に引き出すつゆをお楽しみください。


レシピを見る

揖保乃糸は年数を重ねることで洗練されます


熟成中のそうめんは、高温・多湿の梅雨時期に小麦粉内に含まれる酵素が働き、そうめん内の脂質が変化していきます。これがそうめんのデンプンや蛋白質に影響を与え、そうめんのコシや舌ざわりがさらに良くなり、洗練した味わいになります。日常の少し贅沢な時間のお供としてお楽しみください。


購入はこちら